永代供養共同墓
最近では大きな社会問題になりました少子高齢化社会、または核家族化が進むにつれ先祖が守ってきたお墓を様々な事情で維持するのが難しくなってきました。
後継者がいないため、お墓を守っていくことができない。
子供には迷惑をかけたくない。このような相談が増えてまいりました。そのような方々のために、光明寺では永代供養共同墓「見守りの窓」をおすすめします。維持管理費その他の費用が不要で、年3回の春・秋・彼岸、お盆には供養が行われます。(内容によって十三回忌、三十三回忌、別途年回忌供養を致します。)永代供養共同墓「見守りの窓」はどなたでも、ご利用できるよう、生前予約を受け付けております。宗旨、宗派は問いませんので、どうぞお気軽にご相談ください。
「見守りの窓」
皆様のご供養のさまざまなお悩みを大切にうけて、あたらしい安心のかたち「見守りの窓」が誕生しました。
あなた様の想いと共生(ともいき)し、あなた様の大切な先祖様を等寺が毎日お見守りいたします。
次のような方におすすめします
◆ご先祖様のお墓を守る後継者がいない方 ◆独身の方や身寄りの無い方
◆お墓がなく遺骨を持っている方 ◆お子様が女性だけで、実家の代が途絶えてしまう方

永代供養墓使用料 5万円よりお墓に関すること無料相談承ります。
毎日のお見守り春・秋彼岸・盆供養致します。
維持費用が不要です。
春霞画像
天翔画像
雲海画像
※雲海と天翔については骨壺専用の箱にお入れして、正面には命日・戒名・俗名・享年を
彫ってお守り致します。
永代のおみまもり
◆春・秋彼岸、盆供養致します。 ◆維持管理費その他の費用が不要です。
◆ご要望に応じて十三回忌、三十三回忌、別途年回供養を致します。
◆生前予約を受け付けております。
使用規約について
第一条(目的)
宗教法人光明寺は後継者のいない檀信徒及び永代供養希望者の菩提を弔うことを目的とする。
第二条(名称及び事務所)
光明寺が付設する納骨施設名称は永代供養同墓「見守りの窓」(以下共同墓という)とし、事務所は福岡県若宮市龍徳779-1光明寺内に置く。
第三条(管理運営)
当共同墓の管理運営主体は宗教法人光明寺とし、管理責任者は代表役員(光明寺住職)とする。
第四条(利用資格)
当共同墓を利用できるのは次の希望者とする。
(1)光明寺檀信徒 (2)一般希望者(宗派は不問とする)
第五条(共同墓申込み及び永代供養料)
利用は、生前申込み、遺骨受入れの何れも可とする。 共同墓永代供養料の詳細についてはお問い合わせください。
第六条(供養等)
納骨時合葬供養、毎年合同供養(春彼岸、秋彼岸、盆供養) それ以降も個別供養を希望する場合は相談の上決定する。
第七条(その他)
永代供養の開始は遺骨受入れ時または申込者死亡後からとする。 契約事情により契約を解除しても永代供養料等の費用は返還しない。
永代供養共同墓「見守りの窓」使用規約より抜粋